採用情報

人事からのメッセージ

上場企業としてDITはさらに新たなステージへ。
一緒にこの会社をさらに成長させていきましょう。

2015年、DITは東証に上場し、新たなステージに入りました。これから将来に向けてさらに会社を大きく発展していくための体制が整い、これまで以上にさまざまな個性、さまざまな能力を持つ人材を私たちは求めています。DITの成長の原動力は「人」です。社員一人ひとりが向上心を持ち、果敢にスキルアップを図ってきたことで、変化のスピードが速く、競争の激しいこのIT業界で着実に成長することができたのです。

ですから当社では、人材育成にはたいへん力を入れています。新卒の場合ならコンピューターの基礎知識から学習する入社前研修に始まり、入社後には2ヶ月間の集合研修で、ビジネスマナーや基本的なITスキル、Javaプログラミングなどをしっかりと学習できる場を設けています。また、配属後にはきめ細やかなOJT研修で実務を身につけていただきます。中途入社の場合は個人のレベルに合わせた研修を各種用意しています。このほか、カンパニーごとの研修や有志が集まるワーキンググループもあり、自発的に勉強できる機会もたくさんあります。業務に関連した勉強会はもちろんのこと、現在の業務に直接関係はなくても興味のある分野の勉強会に参加し、視野を広げている社員もいます。こうした自ら学ぶ姿勢が、DITの高い技術力を支えているのです。

研修は横のつながりを強めるコミュニケーションの場でもあります。社員同士の仲が良く、仕事の後の食事会や社内イベントはいつも盛り上がります。明るく楽しく、遊びも仕事も一生懸命。それがDITのカルチャーです。

当社は実に多様な事業を展開しているIT企業であり、どんな志向の方も活躍できるフィールドがあります。現在、事業または地域に特化した7つのカンパニーがありますが、今後も有望なビジネスがあれば果敢にチャレンジし、新たなカンパニーを続々と設立させていきたいと考えています。これから入社されるみなさんが、自分の手で新たなカンパニーを立ち上げられるチャンスも大いにある。上場企業でありながら、こうしたベンチャー企業のような醍醐味を味わえるのも、DITならではの魅力だと思います。

DITにエントリーされるみなさんとは、実際にお会いしていろいろな話をしたいと思っています。当社の面接は、対話を通してお互いの理解を深めていくことを大切にしています。ですからみなさんもリラックスして、DITについて知りたいことは何でも聞いてください。そうして両想いでみなさんと握手できれば、これ以上うれしいことはありません。

人財企画部 課長 安部由紀

ページの先頭へ