PAGE TOP

DIT デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社 RECRUITING 2020

MENU

顧客企業のIT部門の一員になり、お客様をサポート。
未経験で入社した私が、いま大きく成長を実感。

文系・入社6年目 Y.H. SB サポートビジネス
カンパニー

私に向いているのは、人をサポートする仕事。

サポートビジネスカンパニー(SB)は、その名の通り、システム環境の構築から運用・保守などの、お客様がシステムを利用するためのサポート全般を手がけています。SBのプロジェクトは、稼働中のシステムに関わる案件がほとんどであるため、ユーザーであるお客様と密接に関わっていくことになります。また、業務を通じてユーザー側の考え方などを理解し最適なIT環境の構築を図っています。この経験は将来、コンサルティングやシステム企画などを手掛ける時もベースになります。ITインフラサポート業務の最初の入り口として、SBは最適なカンパニーだと思います。
私がDITに入社したのも、このSBのサポート業務に惹かれたから。就職活動を通じて社会におけるITの重要性を理解し、この業界を志すようになりました。私としては、自分が表舞台に立つよりも、裏方として誰か他の人をサポートする仕事のほうが性に合っていると感じていたので、サポート業務を専門に手がけるカンパニーがDITにはあることを知って入社を志望しました。私は文系出身でITについてほとんど知識はありませんでしたが、サポート業務への意欲を認めていただいて採用されたように思います。

自ら希望して、より高度なプロジェクトに挑戦。

入社後は、お客様が日常的に利用している業務システム全般のサポートに2年ほど携わりましたが、仕事に慣れるにつれて、もっと開発寄りのレベルの高い業務にチャレンジしてみたいという気持ちが湧いてきました。その思いを上長に相談したところチャンスを与えていただき、3年目からは、通信キャリア会社の基幹システムの開発プロジェクトに加わっています。
このプロジェクトでは、私たちがお客様側のIT部門として、ITにあまり詳しくないお客様に代わって、現場のビジネス部門から寄せられる要望をまとめてシステムの仕様を策定。お客様に承認をいただいたらITベンダーに開発を依頼し、希望通りのシステム開発が行われるようにお客様やITベンダーと確認を取りながら調整していきます。私にとっては未知のチャレンジで、しばらくは会議で何を話しているのかまったくわからず、外国にいるような感覚で、ただ先輩から指示された通りに仕事をするだけでした。プロジェクトにあまり貢献できていないことに情けない思いをしながらも、それでも向上心を持って業務に取り組み、私なりに努力を重ねていきました。

仕事に自信が生まれ、リーダーになりたいという意欲も。

プロジェクトに参画して最初の2年ほどはあまり成長を実感できなかったのですが、3年目ぐらいから上司に「最近仕事ができるようになってきたね」と褒められたり、お客様からも「Y.H.さんのおかげで助かったよ」と感謝の言葉をいただけるようになって、その時は本当に嬉しく思いました。最近は、お客様のシステムをクラウド化するという重要な案件も担当させてもらえるようになり、また新たに勉強しなければならないことは多いものの、自信を持って仕事を進めています。
こうしてキャリアを積むうちに、もっとキャリアアップしたいという意欲が湧いてきました。かつては「自分にリーダーなんて無理だ」と思っていたのですが、いまはチャレンジしてみたいという気持ちが。それを上司に伝え、まずはサブリーダーを任せてもらえるように、頑張っています。いま私が担っている、顧客企業のIT部門に入り込んでお客様をサポートしていく業務は、まだSBでも事例が少なく、今後拡大していく方針です。ここで私が成果を上げ、後輩たちに「この仕事をやってみたい」と思ってもらえる、そんなモデルになりたいと思っています。

サポートビジネスカンパニーとは

MORE

  • 理系・入社5年目 K.W. BS ビジネスソリューション
    カンパニー

  • 理系・入社4年目 D.T. eB eビジネスサービス
    カンパニー

  • 文系・入社6年目 N.I. ES エンベデッドソリューション
    カンパニー

  • 文系・入社6年目 Y.H. SB サポートビジネス
    カンパニー

  • 文系・入社3年目 Y.S. QE クオリティエンジニアリング
    カンパニー

  • 理系・入社2年目 E.S. NN 西日本
    カンパニー

  • 理系・入社3年目 K.M. EM 愛媛
    カンパニー