スクロール値 | 0

DIT デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社

製品紹介&サポートサイト

2019.05.16お知らせ
「株式戦隊アガルンジャー 櫻井英明が斬る企業TOPの素顔」に、市川社長が出演予定
インターネット放送番組「株式戦隊アガルンジャー 櫻井英明が斬る企業TOPの素顔」に当社市川社長が出演します。
放送日:5月22日(水)16:30頃~
是非、ご視聴ください。
2019.05.13プレスリリース
興安計装と中小企業向けセキュリティマネジメントサービスで協業開始
~UTMサービスを追加し、中小企業向けワンストップセキュリティソリューションサービスを提供~
2019.04.24お知らせ
英語版IRレポートがインベストメントブリッジ社から公表されました。
株式会社インベストメントブリッジより、2019年6月期第2四半期の英語版IRレポート(ブリッジ・レポート)が公表されました。
HTML版は【こちら】をご覧ください。
PDF版は【こちら】をご覧ください。
2019.04.04お知らせ
IRレポートがインベストメントブリッジ社から公表されました。
株式会社インベストメントブリッジより、2019年6月期第2四半期のIRレポート(ブリッジ・レポート) が 公表されました。
HTML版は【こちら】をご覧ください。
PDF版は【こちら】をご覧ください。
2019.04.01お知らせ
IR STREET掲載開始のお知らせ
IR情報管理サイト「IR STREET」に当社のIR情報が掲載されました。
サイト左上部の「この企業の情報をメールで受信」からメールアドレスを登録いただきますと当社の最新IRニュースが受け取れます。是非ご登録ください。
2019.04.01お知らせ
2019年6月期第2四半期決算説明会要旨が公表されました。
2月20日に開催された決算説明会の要旨が、日本証券アナリスト協会から公表されました。
本稿は公益社団法人日本証券アナリスト協会のホームページに掲載されたIRミーティング要旨を同協会の許可を得て転載するものです。
(公益社団法人日本証券アナリスト協会
公表内容は【こちら】をご覧ください。
2019.04.01お知らせ
IRセミナー「プレミアムブリッジサロン」にて当社市川社長がプレゼンテーションを行いました。
3月16日、株式会社インベストメントブリッジ主催、読売新聞東京本社広告局後援の「プレミアムブリッジサロン」にて、個人投資家様に当社の経営ビジョン、経営戦略、経営概況をお伝えしました。
セミナーの様子は、【こちら(動画)】をご覧ください。
2019.03.13お知らせ
DITレポートを発行いたしました
株主様向けに2019年6月期の中間報告としてDITレポートを発行いたしました。
中間配当通知書に同封し、株主様に送付させていただいております。
詳しくは【こちら】をご覧ください。
2019.03.11お知らせ
東日本センター:事業所を仙台市宮城野区に移転しました
東日本センターを、業容拡大に伴い、3月11日より仙台市宮城野区に移転いたしました。

〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡(つつじがおか)4丁目6−1東武仙台第1ビル 6階
TEL:022-341-6721/FAX:022-296-6055

アクセス

JR「仙台駅」から徒歩6分

地図を表示
2019.03.01お知らせ
ラジオ日経への市川社長の出演報告
ラジオNIKKEI第1「櫻井英明のシン投資知識研究所」に当社市川社長が出演しました。
放送日:2月28日(木)17:00~17:30

2019年6月期の第2四半期の業績の話を中心に、当社の自社商品xoBlos(ゾブロス)の「プラス1構想」についてお話させていただいております。

是非、ご視聴ください。(音声にご注意ください。)

DITの提供サービス・ソリューション

DITの提供サービス及びソリューションのご紹介ー技術進化、環境変化へ常に一歩先に対応し、お客様から選ばれるICTパートナーとなるべく努めると共に、自社オリジナルな製品を提供することを通じて、今後もベンチャーマインドを発揮して参ります。

グローバル展開をお考えのお客様へ

DIT America,LLC.は、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社が100%出資するソフトウェアの第三者検証を専門とするアメリカ法人です。アメリカ市場にてソフトウェア第三者検証を行い、各メーカー及びアプリベンダーのソフトウェア商品の品質向上、北米向けの商品開発補助にご協力致します。また、日本(大阪/横浜)にも評価チームがあり日本の各地域とアメリカにて連携する事により効率的にソフトウェアテストを実施する事が可能と成っております。

CSRの取り組みについて

私たちはIT企業としての社会的責任を自覚し、コーポレートガバナンスの充実やコンプライアンスの強化をはじめとする、数々の重要な経営課題に取り組んでいます。