ホーム > IR情報 > 経営情報 > トップメッセージ

トップメッセージ

急速なDX(デジタル変革)の動きに対応し、
来るべき社会の創造に貢献してまいります

2020年6月期(2019年7月1日より2020年6月30日まで)の活動を終え、ご挨拶申し上げます。

2020年に入り、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大が発生し、経済・社会への大きな打撃が避けられない状況となっております。

当社が属する情報サービス産業では、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)等新分野の進展によりDX(デジタル変革)の動きが急速に広がっており、コロナ禍においてその重要性がより一層認識されており、引き続きIT投資の活発化が期待されております。

こうした環境下で、当社グループは、中期経営計画として「5つの事業戦略」を掲げて積極的な取り組みを継続しており、2021年6月期の目標である営業利益率10%につきましては1年前倒しで達成することができました。

1982年の創業以来、独立系システムインテグレーターとして培ってきた高度な知見や幅広い視野を活かし、お客様のベストパートナーとして、最先端の技術とサービスの提供に力を注ぎ、来るべき社会の創造に貢献してまいります。

株主の皆様におかれましては、一層のご指導とご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

2020年9月
代表取締役社長
市川聡

代表取締役社長 市川 聡
ページのトップへ